FC2ブログ

カバ社長の税理士になります、はい!

税理士勉強中のカバ社長です。 すでに2科目合格(財務諸表論、法人税)。 残りはあと3つ。 やっとゴールが見えてきた?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬時間への変更でシステムダウン

26日(金)の夕方に「この週末に本国のサーバーで冬時間へ変更するためのメンテナンスをします」という通達がありました。そして今朝方メールを開いたら、「メンテナンスに失敗し、社内システムがダウンしています。復旧次第、また連絡します」とのこと。10月9日からERPを導入したため、店舗のシステムから物流から会計から全てが止まりました。復旧は現地時間の明け方、日本時間の今夜のため、全く仕事がはかどりません。管理部門はまだしも、物流担当は入庫や商品移動が出来ないわ、在庫照会は出来ないわで、本当に大変です。唯一の助けはレシートが出ること。レシートが出なければ、お客様に売ることも出来ませんので。

呑気に自分たちの勤務時間に合わせて対応なんて、さすが○○人。この点も日本人だったらあり得ないよな、と思いました。にしても、こんな簡単なことで、しかも年に2度必要なメンテナンスさえ出来ないなんて、本当に先が思いやられます・・・
スポンサーサイト

勝手に強制帰国?!

わざわざ日本へ駐在してもらっているのに、あまりに仕事をしてくれないコンサルタントがおり、本国へ「要員交代してほしい」と連絡しました。やはり向こうでも評判は悪いようで、すぐに私の勤務先への出入り禁止(開発への係わり禁止)が決定されました。と、ここまでは良かったのですが(良い事態ではありませんが…)、そのコンサルタントが何の許可もなく、翌日帰国してしまいました。本国の許可はおろか、本人の上司の許可も得ず、勝手にフライトを予約して帰ってしまいました。翌朝、社内では当然ながら驚きの声が。様々な関係者がこの事実を知るたびに「え~~!!帰っちゃったの?!信じられない!」と言った声があがっていました。本当に日本人だったらあり得ないことだと思います。

更に驚いたことに、ホテル代を払わずに出ようとしていたことが発覚。ホテルから「今○○様が予定を変更して本日チェックアウトをすることになったとのことで、フロントにお見えです。ホテル代は本人払いではなく会社に請求するように、とおっしゃっております。よろしいのでしょうか?」という旨の電話が入りました。本人は全く払う気がないらしく、フロントの方も困って会社に電話をしてきたようです。ホテルに迷惑はかけたくないので、請求書扱いにしていただくことになりました。

そしてそして更なる驚きは「○○様が空港までの車代がないから3万円貸して欲しいとおっしゃっているのですが・・・」というホテルの方の言葉。仕方がないので、3万円分も会社宛て請求してもらうことに。呆れて言葉になりませんでした。そんな人だから、仕事もしてくれないんだと解釈し、交代してもらってよかった!と思うことにしました。

忍耐強くならねば。

外資系企業のシステム導入

10月9日に新社内システムを導入したのに際し、決算期にもかかわらず、毎日のように会議で忙殺されています。導入直前ということでシステム会社のコンサルタントが駐在しており、毎日一回は呼び出されている感じです。新システムといっても、現行の会計システム会社のERPを導入するので、経理担当としては他の部門からのデータが正しく流れてくるか、流れてくるデータの勘定科目が合っているか、会計・税務上の必要な情報がデータに反映されているか等をチェックしています。

勤務先は外資系であり、外人のコンサルタント相手に奮闘しているのですが、文化の違いに苦労しています。日頃の業務で考え方の違いには慣れているものの、今回ばかりは疲れ気味です。いかに日本の技術が優れているか、品質が良いかを認識し、日本の製品が世界で高い評価を得ている理由が分かった気がします。私たちとしては、新システム導入前日までに「完璧」といえる状態まで開発するのが当たり前だと思い、日々努力、協力してきたのですが、彼らにとっては「40%も出来ていれば始められる」のだそうです。会議を通じて「何か危機感の度合いが合わないなぁ」と感じていたときに彼らの考え方を知り、妙に納得すると共に、前途多難を実感しました。実際のところ、9月最終週の段階で仕訳に使う勘定科目が未確定だったり、物流から会計へデータを流す方法が未開発だったり、と全くテストさえ出来ない状況でした。そしてやっと開発してくれたと思いきや、彼らの国の税法で開発されており、消費税関係がめちゃくちゃ。「使われる国の会計基準に則って開発するのが当たり前」と思っていたのでびっくりしていたところ、「日本はこのやり方じゃないのか?」と言われる始末。仕方がないので、私が会計基準や税務申告で必須の項目などを説明しました。「そんなのそっちで勉強しておけよ」と内心文句を言いながら。結局、中途半端なまま開発されたがために、税務申告上の必要な項目が不足しており、ダメダメです。自動的に流れてくるデータは使い物にならず、その仕訳を逆仕訳で取り消して、手入力で適切な仕訳を入れるしか方法がなさそうなのですが、それではERPの意味がないのでは?と疑問に思う日々です。

ちなみに「棚卸」について、昨日初めて会議がありました。まずは「今まではどうやってたの?」というところから。本当に大丈夫なのだろうか。

HOME

 プロフィール 

kabashacho

Author:kabashacho
カバ社長です。

気合を入れてみました。
絶対合格!!!

ドンキで売ってますので
興味のある方はどうぞ♪

湯島天神にお金も払ったし、
これで万全!

 最近の記事 
 最近のコメント 
 最近のトラックバック 

 月別アーカイブ 
 カテゴリー 
 ブロとも申請フォーム 
 ブログ内検索 

 RSSフィード 
 リンク 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

無料カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。